2009年11月16日

いきあたりばったり

夫が昨日から、新しい現場に入りました。(今回は下請け仕事です。
いいや、孫請けかなexclamation&question…ひ孫請けかもあせあせ(飛び散る汗)

我が家は大阪の最北ですが、現場は隣の兵庫県は明石市で、
車で現場まで1時間半はかかるとのことです。

夜になって家に帰った夫に、

ハート「現場への往復だけで疲れてしまいそうやねあせあせ(飛び散る汗)
  しかも、一週間やろ目」と言うと、

スペード「いや〜。俺だけちゃうで。大工さんなんか、どっから
  来てはると思う?」

ハート「う〜ん、いっそ遠いんなら、奈良とかexclamation&question

スペード「さすがに奈良よりは近いけど…」

ハート「今は、みんな遠いやの、何やの、言ってられへんもんねもうやだ〜(悲しい顔)

そんなことを言っていたら、先ほど、夫から電話phone toがありました。

スペード「明日、休みになりそうやたらーっ(汗)

ハート「えっexclamation&question 一週間って言ってたやんあせあせ(飛び散る汗)



なんでも、今日現場に行ったら、塗装の職人さんが一人入っていたそうなんです。

普通に考えたら、塗装でドアの枠や、回り縁や巾木などを塗ったら、
完全に乾くまでクロスは貼れませんよね。

よっぽど大きい家で、まったく別個に職人さんが作業する部屋を
割り振れるなら別ですが。

夫が「exclamation&question」と思っていると、大工さんが状況を教えてくれたそうです。

なんでも、昨日、大工さんが作業していて、ふと「塗装ははいらへんの?」
と聞いたら、現場監督が、「忘れてたどんっ(衝撃)」と言って、
あわてて、塗装の職人さんを呼んだというのです。

さすがに、昨日の今日で、来れた塗装職人さんは、ひとりだけ。
明日は、4人も入るというのです。

塗装が一人なら、夫も作業箇所が重ならないように工夫して、
なんとかクロスを貼れるところを探しようもありますが、
四人も来る上に、階段の手すりか階段自体かを塗るらしい、
ということを大工さんに聞きました。

そうなると、夫もどうしようもありません。
今回は夫も職人友達の応援で入っていて、たまたま今日はひとり
だったので、その友達へとりあえず連絡をしたそうですが、
友達が元請の監督に抗議したところで、塗装の職人さんが
入るのを停められるはずもありません。

こういうような「ドタキャン」をくらったり、現場にでたものの、
材料到着を待つためなど、しばらく作業開始を待たされる「手待ち」
があった場合は、昔なら、それを埋め合わせるような対価は
もらえていたそうです。

ところが、いつのまにか、直前に仕事を断ろうが、当日現場に
行ってから仕事にならないことがわかり、帰る羽目になろうが、
元請さんは「すまんなぁあせあせ(飛び散る汗)」…との一言でもあればましなほうで、
連絡すらなかったりということも多いようです。

今回もまさに、夫は、たまたま親切な大工さんからいきさつを聞いて
前日にわかったものの、知らないで明日現場に行っていたら、
一時間半もかけて到着した現場から、そのまま引き返さなければ
ならないこととなり、その日の手間賃をもらえない以前に、
ガソリンも時間も無駄にするところでした。

それより、昨日の、塗装職人さんを入れると決まった時点で、
クロスの職人にもその連絡をくれれば、急に現場に入れなくなった
明日の分の仕事を、他の人にどこか現場に入れるところはないか
あたってみることもできたのに…もうやだ〜(悲しい顔)

それにしても、今日、明日を含めて5人もの塗装職人を入れなくては
ならないほどの段取りを「忘れてたどんっ(衝撃)」とは…がく〜(落胆した顔)
材料の手配洩れならまだしも、施工自体は、工程を組んで、
職人を手配するあいだに気がつきそうなものですが。

夫は、多能工としていろいろな仕事を請けるものの、一番多いのは
クロス職人としての仕事です。

クロス職人というのは、工程上、大工右斜め上設備右斜め下塗装右斜め上クロス
という風に、最後の仕上げの工程に入る職種です。
このように、自分たちより前に入る職種のだんどりの都合で、
結局は、クロス職人が、最後に帳尻を合わさせられることになります。

一週間入る予定だった仕事が、出だしの二日目でこうなるとはあせあせ(飛び散る汗)

明日、急に休みになったからと「なにか、やりたいこととか、
どっか行きたいところあるexclamation&question」と夫に聞かれたものの、
複雑な思いの私なのでした。

さて、今日の記事は…目
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ<script type=

">

posted by ierou at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 職人ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。