2009年12月09日

こんなところはこうして貼ります

昨日のマンションの現場で目に付いたある部分。
mini0274.jpg


梁と梁が交わる「突起部分」、どうやって貼るのかなexclamation&question

以下、写真で完全レポート(笑)

クロスを構えてスタートダッシュ(走り出すさま)
091208_1323~01.JPG

まずは、突起部分をすっぽり包むように…
091208_1324~01.JPG


そして、左側手前の梁と当たるところに切り込みを…
091208_1324~02.JPG


垂れてくる余分なところは切ってしまう。
091208_1325~01.JPG


形に沿って包んで大まかに周りを断ち落とす。
091208_1325~03.JPG


この、斜めにジョイントする部分が…
091208_1326~01.JPG


大事な、
091208_1327~01.JPG


ところ。
091208_1329~01.JPG


両側からクロスが重なった部分を切って、
091208_1329~03.JPG


切り取った部分を、二枚とも丁寧に取り除く。
091208_1330~01.JPG

梁の出隅や、突起の角など、細かいところを整えて、できあがりぴかぴか(新しい)
091208_1330~02.JPG


この「突起部分」、たまたま、大きさがクロス一枚で収まったから
今回はあっさり包めましたが、例えば、階段の裏に板をはってあって、
このような形状のときがあり、その場合はクロスを横方向にもう一枚
つぎたさなくてはなりません。

そんな時に、どこでジョイントするのかは、クロスの柄だったり、
その階段がよく見える向きによったりします。
(夫いわく、大きく分けて三種類くらいは貼り分け方があるとのことです。)

クロスの貼替の下見のときに、こういった形のところが出てくると、
面食らってしまうものですが、このように貼り方がわかると、
見積もりがしやすいですね。
(トイレ内によくある「階段裏」は、こちらの記事をご参照目


さて、今日の記事は…目
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ



posted by ierou at 14:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 職人ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもながらお見事です。
Posted by コスモス 酒井です at 2009年12月11日 08:55
いつも、ありがとうございます。
(クリックも感謝しています)
これからますます寒くなって、現場も冷えますね。
お互い身体が資本ですので、頑張って参りましょう!
Posted by Ashida at 2009年12月12日 08:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。