2009年12月19日

言ってしまったこと

先の記事で、とある職人さんに対して、夫がずっと不満に思ってきたことを、
とうとう本人に言ってしまったらしい、ということを書きました。

結局、家に帰ってから、夫にいったい何をどのように言ったのかを
聞いてみました。

すると、


スペード「いや、その…向こうが自分でやったところのパテを直してくれとか
  なんとか言われたあと、洗面所のクロスを貼っててん。

  そんなら、糊が多過ぎるもんやから、壁に貼ろうとすると、
  ピチャッと糊のしずくがはねて、それが、俺の服やらなんやらに
  飛ぶねんな。
  
  そんで、急に『なんで、俺がこんなん我慢せなあかんねんむかっ(怒り)』って
  腹たってきたんや。」

ハート「うんうん。それであせあせ(飛び散る汗)

スペード「糊つけてるとこにダダダって行ってダッシュ(走り出すさま)
  『糊の量調節するとこ、逆になってませんかexclamation&question
   糊多すぎますわあせあせ(飛び散る汗)』って言ってん」

ハート「でも、糊多いですね、って言っても、今まではいつも
  『おう、○△さんのも、多いよなわーい(嬉しい顔)』とか他の職人さんのこと言って、
   まったく取り合ってくれへんかってんやろ目

スペード「うん。だから、『いや、いつもと同じやで』
  て言われた後、『そんなら機械壊れてるんとちゃいますexclamation&question
  って、オーバーリアクションで言ってみた」

ハート「ほんなら、なんてexclamation&question

スペード「たぶん、怒ってはるんやろうな。それから後は、
  俺に対して敬語になったわあせあせ(飛び散る汗)

ハート「へえ、まあ、二度とあなたを応援に呼ぶことはないやろうなあせあせ(飛び散る汗)
  元請けさんが何と言っても。」

ハート「まあ、それで仕事減ってもしょうがないわ。
  俺、あのままやったら耐えられへんもんバッド(下向き矢印)

そこで、夫は、どれだけ糊が酷いかということを私にも見せようと、
糊を付けたクロスの余りを持って帰ってきてありました。

こんな感じです。
nori 003.jpg
(クリックで拡大)


内装職人さんがこれを見てくれたら、一発でわかると夫は言うのですが、
確かに、私が見ても、いつも夫が糊をつけたものに比べると、
かなりべっとりと付いている感じです。

しかも、もう一つの方は、
nori 005.jpg


折り畳んだ跡に、糊の溜まりが筋のように付着しています。
確かに、これでは、壁の下地へはともかく、壁に貼るときに
余計なところまで糊でベタベタにしてしまい、拭き取るのに、
普段の何倍も手間がかかることでしょう。

それに、クロスの種類によっては、クロスの水分が表面から抜けにくく、
糊の厚みのムラが形として表面に残ったまま、クロスが乾いてしまう場合も
あるそうです。そうなると、お客さまにも気の毒な話です。

クロスの職人さんは、時間や日当ではなく、あくまで、一メートル
貼っていくら、という報酬の受け取り方が多いです。

ですから、例えば同じm数を貼るのに、仮に時間を倍かけていたら、
一日現場に出たあたりの報酬は半額になってしまうということになります。

今回のように応援で施工に行くと、いちいち誰がどこを何メートル貼ったか、
なんてカウントしていられませんので、全部の報酬を、それぞれの
職人さんが出た日数に応じて均等に割って、受け取ることになります。

結局、時間をかければかけるほど、働いた時間あたりの単価は
減ってしまうというわけなのです。

夫の場合、一時間半かけて、現場にかよっていますし、そのガソリン代やら
高速代は自分持ちです。
やはり、効率よく仕事をしたいと思ってしまうのですね。

とにかく、今回の夫の指摘(嫌味exclamation&question)を、実際は、どのように
受け取られたかはわかりませんが、相手の職人さんもこれから
まだまだ現場で活躍できる働き盛りの方なので、おせっかいながら、
ぜひ、来年あたり、電動の機械購入に踏み切って欲しいなと思う
私たちなのでした。

さて、今日の記事は…目
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


posted by ierou at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 職人ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。