2009年12月23日

給湯器の見積もりで見るところ

私が昔勤めていたリフォームの会社では、テレアポ、訪問販売は一切なし。
チラシのみで集客する(当時は充分できていた)会社でした。

チラシを見たお客様から引き合いの電話がかかると、担当者が下見に伺い、
プラン、見積もり、契約、仕入れ、現場・工程管理、仕上げ確認から集金まで
一貫して受け持つのです。

当時、私がひとりで下見に伺うと、そのお客様、(税理士の男性だったかな?)、

クラブ「あれ、あなたひとりexclamation&question

なんでも、


相見積りのつもりで先に呼んだ業者さんからは、男性が三人くらいで
いらっしゃったとのことでした。

その場では、一応ひと通り、下見をさせていただきましたが、
見積書を提出する前に、断りの電話がありました。

私が一人で見積もりに伺ったのを不安に思われていたのかも、と
社長にいきさつを説明すると、

クラブ「その会社、営業マンが現場わかってないから、大人数で
見に行ったんやろ。
人数増えたら、その分、誰かが見てるやろう、って下見の時に
見落とすこともあるしな。

ウチの会社みたいにわかってるもん一人で行ったほうが、
全部自分の責任できっちり見てくるからいいのにな〜わーい(嬉しい顔)

と笑っていらっしゃいました。

その後、夫と一緒に独立してリフォームの仕事を請けることになってからは、
職人としては現場を見ておきたい、という夫と一緒に下見に行くことも増えました。

確かに、ひとりで下見に行くときと違って、採寸を一緒にしたりすると、
つい手順が変わって測りそびれてくる場所があったりしますあせあせ(飛び散る汗)

ただ、二人で一緒に行くと、「ここも見ておいたほうがいいな」と
どちらかからフォローしあうということもあるので、それはそれで
メリットもあります。

ところで、明日は、私一人でマンションの給湯器の取替えの下見に
伺うことになりました。

給湯器を移設するとか、給湯専用のものを、追い焚き付きの給湯器に変える、
といった場合は、移設先に電源があるかどうかや、追い焚きの配管を
新しく通す場所があるかなど、見てくるところはいろいろあります。

明日は、「す取替え」ということで、気楽にしていると、夫に

スペード「俺が施工するんやから、ちゃんと見てこいよ目」と
言われたとき、

ハート「うん、わかってるってるんるん

  位置情報現行の給湯器のメーカーと品番
  位置情報給湯専用か追い焚き付きか
  位置情報追い焚き付きなら高温差し湯か循環タイプか
  位置情報給水と給湯の配管に接続する位置とガスコックの位置
  位置情報ガスの可とう管の長さはどれくらい必要か
  位置情報電源は近くにあるか (今回はあるはず。新設じゃないから…)
  位置情報ガスの種類とガスメーターの号数
  位置情報排気筒の形状と直径

  ざっとこんなもんかなわーい(嬉しい顔)
  あとは、写真カメラを撮ってくる…とるんるん

すると、

スペード「俺としては、他もちゃんと見てきて欲しいな目

  位置情報取り付ける場所の下地。マンション外壁ならRCかALCか。
  位置情報取付場所の壁の色にあうコーキングはどんな色か。
  位置情報リモコンの形が大きく変わらないか。

  古い給湯器やったら今のよりリモコン大きかったり細長かったりして、
  リモコン新しいのに変えたとき、下に隠れてた壁のクロスが
  見えたりするやろあせあせ(飛び散る汗)

ハート「おお、さすが内装職人やな〜ぴかぴか(新しい)
  目のつけどころが違うわぴかぴか(新しい)(ヨイショモードるんるん
  
スペード「まあ、壁の下地やらコーキングやらは、どうせいろいろ
  持って行くんやけど、はじめにわかっとったら現場にいっぱい
  持ち込まんで済むからなぁ手(チョキ)

ハート「それに、うちみたいに、洗面所にリモコンなくて不便、
  このさいリモコン増設ってこともあるかもしれんもんね。
  それで、洗面所もクロス貼り変えようってなるとかるんるん
  (今回は下請だから勝手に提案できんけどあせあせ(飛び散る汗)
  まあ、しっかり、じっくり見てくるわ目

というわけで、明日は気合を入れてパンチ行って参ります。

(あ、もしかしたら、給湯器といっても電気温水器の可能性も…
 そしたら、見るとこ違ってくるよなぁあせあせ(飛び散る汗)

そうそう、冬場は給湯器が故障しやすいので、くれぐれもご注意ください目
  
さて、今日の記事は…目
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ



posted by ierou at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。