2010年01月11日

「真面目なんだね〜」

もともとはクロスの職人の夫は、私が勤めていたリフォーム会社の下請けを
しているうちに、必要に迫られ、そして興味のおもむくままに、手を出す
職種を増やし、優れた大工の親方とも出会いがあり、いつしか「ひとり工務店」
いえ、自称「多能工ぴかぴか(新しい)」となりました。

そして、私と結婚後、普段はもっぱらクロスの下請け職人、そして、
紹介やリピートの工事依頼などがあったときは、リフォームの元請けとして、
プランナーの私と組んで多能工として現場で腕をふるい、私は晴れて、
何でも頼めて信頼のおける「多能工」さんをゲットしたパンチということになりました。

それで、今までは私も夫の下請けの時は「学生アルバイト以上職人未満」
の手伝いとして現場に出入りしては、間取りチェックや最新設備の見学などを
楽しんでいたわけです。

ところが、

去年の秋頃、クロスの貼り替え仕事以外でも私たちに下請け仕事を
依頼して下さる元請けさんができたのですぴかぴか(新しい)

しかも、その方が言って下さるには、

クラブ「元請けとか下請けとか、上下関係みたいな気持ちで
  やってもらうんやなくて、一緒にいい仕事して、お客さんに
  喜んでもらいたいねん♪」

さらに、その元請さんは、私たちに、「材料から請けて欲しい」と
言って下さるのですね。

ここで、いわゆる「材料請け」と「手間請け」の違いですが…
私どものホームページの方をご参照ください手(パー)

まあ、つまり、その元請さんは、材料や商品の選定などから、
工事に関わってくれと、言って下さっているのです。

その分、今までは、自分たちが元請けになったときしか、お客さまに
いろいろな提案をしたり、現場管理を行ったりはしなかった私たちが、
元請さんとお客様を交えてよりよいプランを相談したりすることが
できるようになったのですね。
(もちろん、下請けの時はあくまでプラン決定、工事進行の主体は
 元請けさんですが…)

ということは、自然と私の出番も増え、下請け仕事の時でも、
単なる手伝いから営業・プランの補佐的な役割を仰せつかることになりましたぴかぴか(新しい)

実は今回、新しく引き合いがあったとその元請さんから見積もり案件が
回って来たのですが、マンションのトイレの取替工事でお客様が
「TOTOのネオレストを希望されている」とのことでした。

ネオレストというのは、よく見かける、便器の上にタンクが載っている
タイプでなくて、直接水道からの給水で洗浄するものです。

そこで、この商品は「洗浄に必要な最低水圧を満たしているかexclamation&question
ということが設置の前提条件になります。
もし、水圧が規定より低ければ、ネオレストを諦めるか、
水圧に左右されない、ネオレストシリーズの中の新商品「ハイブリッド」
仕様のものを選ばなくてはなりません。

この「ハイブリッド」タイプは、低水圧やリフォームにも対応しているために、
定価がかなり高くなります。

そこで、私が元請けさんに

ハート「水圧を確認しに伺いますが、もし、最低水圧に満たなければ、
  他の機種に変更頂かなくてはなりません。お客様が、
  『ネオレスト』をご希望になった理由によっては、
  他の機種も勧めやすいのですが…

  例えば、タンクが無くなって、トイレ内がより広く使えると
  いいとか、タンクとウォシュレットの隙間が掃除しにくいとか、
  タンクの上の手洗いが邪魔だとか…、それとも… 」

いろいろと質問して行くと、元請けさんが、

クラブ「いや…真面目なんだね〜わーい(嬉しい顔) あのお客様は、
  コマーシャル見て、あの形がスッキリしておしゃれだなと、
  それと、なるべく節水したいから、ネオレストがいいかな、
  とおっしゃってるから、そんな細かいことより、まずは、
  ご希望の便器が付けられるかどうかが大事なのでは…」

(う〜ん、『真面目』か…あせあせ(飛び散る汗) でも、リフォームの目的とか、
 商品を選ぶ理由がわかれば、別の提案ができるかもしれないと
 思ったわけで…バッド(下向き矢印)

ハート「とにかく、水圧測ってからの話ですねあせあせ(飛び散る汗)

そして、今日、伺ったところ、残念ながら水圧はクリアしませんでした。
そこで、お客様にいろいろお話しを伺ったところ、「ハイブリッド」
タイプにしてまでネオレストにしなくても、ウォシュレットと一体で
操作部分が本体でなく壁付けのリモコンにできて、タンクの上の手洗いが
なくなるなら、(タンクのフタだけがあるタイプが良いとのこと)
他のタイプでもいいということになりました。

まあ、私のように商品セレクトの打ち合わせやプランの練り直しに
時間をかけたり、工事が始まったら始まったで現場に張り付いている
タイプは、工事の回転率も悪く、会社組織には向かないと思いますふらふら

でも、自営で夫と二人三脚でやっているからこそ、自分たちが納得のいくまで
手間も暇もかけられるので、それはそれで幸せなことです。

後は、下請けより元請け仕事の比率を増やしていくのが課題ですが、
ふたりとも営業というかアピールが下手なので、それだけはどうも
不得手な私たちなのでした…。

さて、今日の記事は…目
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


posted by ierou at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。